2017年4月13日木曜日

1年ぶりの魚釣り

2017年3月末、友人と1年ぶりに魚釣りに行きました。
松江市鹿島町御津港より友人と2人で、出港しました。
御津港は島根原子力発電所の東に位置する港で、船で15km程度の沖まで連れて行って頂き、船釣りです。水深は約80mです。
遊漁船の船長の「まだ水温が低く、回遊魚が来ないからあまり釣れていないよ」との言葉どうり、喰いつきは悪く、友人が30cm級のアジを釣りましたが、あとは根魚が中心に30匹前後釣れました。
釣れたのはカナ(マハタ)、沖ボッカ(ガシラ)、沖メバル、レンコ(レンコ鯛)、チコ(チコ鯛)、鯛(真鯛)などです(30cm前後。頭の名は地方名、()は正式名)。
最近、多忙を極めていましたが、久しぶりにリフレッシュできました。

餌はオキアミと船長に言われて買って行ったホタルイカ、サバの切り身をつけてみましたが、サバの切り身には全然喰いつかなかったです。
船長さん、「おかしいな。オキアミとホタルイカには喰いつくが、サバの切り身には全然喰いつかんな」、その後、「駄目だよ、お客さん。このホタルイカは山陰のだけど、切り身のサバは太平洋のサバだがね。山陰のサバじゃないと、魚も食べんわ」とのこと。
うーん、魚恐るべし。海の上で、天気も良く、久しぶりに朝5時から12時まで、休日を満喫できました。

0 件のコメント:

コメントを投稿